Googleアナリティクスで作る大人気サイト|得られる有力データ

スマホに対応するために

社内

Googleアナリティクスを導入することで、サイトに訪問した人がパソコンを経由して来たか、スマートフォンを経由したかまで把握できます。今や誰もが一台は持っているスマートフォンは、いつでもインターネットを利用できるツールとしても活用されています。パソコンで見られるサイトはスマートフォンでも表示が可能となりますが、画面のサイズが異なるため同じサイトでも印象は大きく変わるでしょう。十分にスマホ対応できていないサイトですと、肝心な部分が見切れている場合や、画面をわざわざスクロールしなければ文章が読めないなどの問題が現れます。パソコンユーザーではない一般層の多くはスマホを使ってネットから情報を仕入れます。一般層をターゲットとしている会社ならば、きちんと自社サイトがスマホから見てもよいものかどうか、調べる必要があるのです。Googleアナリティクスを活用することで、どれだけの人がスマホで来たのかがわかります。スマホでの訪問者数がパソコンのユーザーを凌駕していれば、スマホにも対応しているサイトであることを確信できるでしょう。

スマホ利用者の数をGoogleアナリティクスで調べる場合、モバイルのサマリーをクリックするとよいでしょう。訪れたパソコンユーザーとスマホのユーザーの具体的なパーセンテージがわかるので、一目でどの端末に向いているサイトかわかるのです。スマホ機種ごとの数値もGoogleアナリティクスで調べることも可能です。提携しているスマホ会社の端末から、アクセス数を伸ばす目的でも活用できるでしょう。今や大人から子供まで所持しているスマホは、ネットの機能がさらに充実することで、さらなる利用者数の増加が期待できます。これからの広告戦略のために、Googleアナリティクスを導入してみるとよいでしょう。